シンプル重視なら無印用品


 「プチプラ」という言葉を最近見聞きする機会が増えたと思います。「プチプラ」とは、簡単に言えば「安くて良い品」というような肯定的な意味合いで用いられ、家に関してもプチプラインテリアと言う言葉が生まれています。
そこで、家のインテリアを考えたとき、シンプルであることも1つの要素になってくると思います。
そのことから、シンプルかつ安くて実用的で最近特に人気の無印良品が注目されています。
今回ここでは、無印良品のインテリアなどご紹介したいと思います。

◆無印良品の歴史
無印良品は1980年、西友のプライベートブランド(オリジナル商品)としてデビューしました。
当時の西友は、セゾングループのオーナーで、かつ小説家、芸術家であった堤清二氏が経営に携わっており、華美な装飾で見た目ばかり重視し、実質が伴っていない食品メーカーやアパレルメーカーの商品に疑問を感じ、自らがシンプルで機能重視、実質本位の商品群を作り、シンプルなライフスタイルの提案を行おうとしたことがその始まりです。
当初は、西友の食品売り場および雑貨売り場、西武百貨店14店、ファミリーマート6店で40品目を扱うに過ぎませんでした。

◆無印良品のインテリア紹介
無印良品の商品開発の基本は、生活の基本となる本当に必要なものを必要な形でつくること。そのために、素材を見直し、生産工程の手間を省き、包装を簡略にしました。
この方針が時代の美意識と合い、シンプルで美しい商品が長く愛されてきました。
そんな方針を基に「塩系インテリア」というものが、今人気を集めています。
その「塩系インテリア」について詳しく見ていきましょう。

◇塩系インテリアとは~コーディネートとおすすめインテリア~
まず、塩系インテリアとは、男前インテリアをすっきりさせるイメージで生まれたものです。新しいインテリアのスタイルとして、SNSを中心に人気が集まっています。
その特徴は、「色を薄めのトーン」「素朴で飾らない雰囲気」「生活感の希薄さ」、塩系男子をイメージさせるものです。そんな塩系インテリアと相性が合うブランドとして、無印良品が注目されているのです。

テクニック➀ メインになる大きな家具はスッキリしたデザインでトーンを抑える
 塩系インテリアの大きな特徴に「色味を抑えたコーディネート」があります。
 白・黒・グレー色のモノトーンを基調に木目など自然素材の質感で変化をつけていきま 
 す。特にボリュームの大きな家具(ソファ、ベッドなど)は、全体の雰囲気に影響するので、色のトーンを抑えることがポイントです。
 そこで無印良品の家具インテリアは、グレーやベージュなどシックなカラーが豊富なので、塩系インテリアの特徴にピッタリです。また、デザインもシンプルさを追求しましょう。

テクニック➁ 日用品は生活感が出ないよう収納ボックスを利用して統一感を
 乱雑に置かれた日用品類などを極力取り除き、生活感を見せないことも重要です。
 無印良品には、家具にピッタリ収まるよう、モジュールが統一された収納ボックスが豊富に揃っています。サイズや素材の種類も多く、インテリアに合わせて選べることも人気の秘密です。

テクニック➂ シンプル家電でオシャレ度アップ
 せっかく家具や小物を揃えても家具を置いた途端にイメージが崩れた経験がある方もいらっしゃると思います。最近は、インテリアに馴染むデザイン家電が増えており、無印良品でもお手軽価格で手に入れられ、デザインもオシャレなシンプル家電が豊富にラインナップされています。

もっと知りたい方は 無印良品インテリア をご覧ください。
URL:http://www.muji.net/store/campaign/detail/P00003


無印良品では、家全体をコーディネートする「木の家」「窓の家」「縦の家」というシンプルかつ豊かな暮らしを実現する「家シリーズ」も注目されています。
最後に、無印良品にはご紹介した通り、インテリアを始めとしてシンプルなデザイン・品質が追及された製品が豊富に取り揃えられています。ぜひチェックしてみてくださいね。